02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

薪割り

2013/03/26
薪割り

                                       (室長)

これは大変 なまきの量ですが これでも一冬分位なのです。

定年退職後は皆さん暇だ暇だと先輩が言ってました。 特に冬の寒い時は嫁と二人、何するでもなく退屈だろうな、家で濡れ落ち葉になると嫌われるだろうな、 そうだ乾燥した薪になればいいんだ、思いついたのが趣味と実益のストーブでした。

IMG_3612.jpg


これはまた割るのに歯ごたえのありそうなIMG_3614.jpg


これはまだ来年の分、まだ生で燃えません。

IMG_3608.jpg


さて、これが薪割りの三種の道具
IMG_3625.jpg


さてさてこの薪どこにめがけて斧やくさびを打ち込むか解りますか?
むやみやたら力ばかりでは割れないんですよ、「竹はもとから・木は先から」
つまり竹は根元の方から割り、木は上から割ると言うことです。
昔から薪割りの鉄則なのです。
薪割りは精神の統一、集中力が第一なのです。

IMG_3607.jpg


くさびは自分に直角に打ち込むこと。間違って自分に平行に打ち込むと命にかかわる怪我をすることになります。
(力一杯くさびめがけてボンコシを振り下ろし、このくさびが自分目がけて飛んできた時は体がすくみましたね

IMG_3618.jpg


この木 何の木 日本の木 とにかく硬い、 杉やヒノキの類はスパーンと割れますが
とてもそんな簡単には割れません、でも燃やすと青白い高温のきれいな炎を出します。

人間もこれ位の筋金入りになるとよいですね。IMG_3624.jpg


これ 千檀の木、「せんだんは花よりかんばせ」と言われるとおり、6月頃咲く花の香りはえも言われぬ香りを放ちます。この木がショウノウの原料となるそうです。IMG_3620.jpg

これはぜの木(後で解りましたが)この木の毒素で大変な目に遭いました。
生の木をチェンソーで切り運びましたが、手や顔はかぶれかゆいのなんの、
我が家の大事な愛犬ピカちゃんはこのきりくずを食べ3日3晩生死の境をさまよいやっと生還しました。
IMG_3621.jpg


これは桜の木中身もほんのりと色がついてますね。IMG_3622.jpg

何の木でも燃えそうですが色々燃え方は違います。

一番 昔から困るのが 「婆殺し」と言う木なんですよ、燃やそうと思っても燃えないで、煙ばかりを出す木のことです。
じじ殺しが無くて「婆殺し」というところが面白いですね。
クククク


なんとも言えないこの暖かさ、炎が綺麗でしょう               
             IMG_3626.jpg

今年の冬ももう終わり
スポンサーサイト
13:56 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

野菜

2013/03/26
春の野良仕事
                                          (室長)


                    これ春ダイコンの芽IMG_3633.jpg



                  これ春植えのネギIMG_3635.jpg



左の畝がジャガイモ・右は奥からワケギ・みず菜・ダイコン・ニンジン・ごぼう・ネギの畝なんですよ。えーと後右の畝は ブロッコリーもお終い・キャベツも終わり。

夏野菜の準備中です。

IMG_3637.jpg



これ健康そうなキャベツでしょう。こんな元気な野菜食べると人間も素直で元気になるんですよ。

一度も消毒しませんでした。これからの季節では一寸無理ですが。


IMG_3604.jpg

これ冬を越したネギ、もうそろそろ終わりです。




IMG_3600.jpg



これも元気なかつお菜


IMG_3599.jpg



この人も元気な隣の畑のおじさん。この前ホノルルマラソンに出ました。帰ってきたらすぐ東京マラソンに出ました。顔色悪いのは野菜ばかり食べてるからです。


IMG_3636.jpg


この時期から野良仕事は忙しくなるんですよ。

これから小鳥・カラス・イノシシの対策も もう大変なんていうもんじゃないんですよ。
草刈もあるしねー



10:35 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

春ですね~

2013/03/23

まだまだ朝晩は寒いですが、春ですね~

暖かくなったので、お世話になったお客様のところを精力的に訪問してます!

足取りも軽いですね~
やるぞー


i課長でした
22:44 小説 | コメント(0) | トラックバック(0)

伊都の国旅芝居観劇

2013/03/14
伊都の国の旅芝居                                       室長


糸島はひねもすのたりのたりかな  バスより見ゆる姫島も 宝くじの当たる鷹島も
かすみか雲か黄砂の中か

IMG_3580.jpg


待ってました   しらさぎ兄弟



                   IMG_3581.jpg



いょー おねーちゃん いろっぽいよー  最近の女男っぽいけど男は女っぽい


                  IMG_3588.jpg



かわゆいねー もう  ほんとかわゆいIMG_3591.jpg


ハーイポーズ  



おいちゃんも おばちゃんも 大正時代に来た雰囲気 よかったねー 江戸時代は                      IMG_3595.jpg


良かった良かった また賀茂に帰ろかなー 帰るのよそーかなー 


うちの地域祭にも出てくれるかな

食事も良かったし カラオケも唄ったねーー
                              日帰り旅行おわり    20013.3.8.





16:54 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

春ですねー♪

2013/03/13
このお野菜何か覚えてますか?

蕾菜ですよ~

昨年の今頃もブログ書き込みました。

私の大好物。




昔は道の駅とかしか見なかったけど、今はスーパーにもありますね


やっぱ、道の駅が旬な取り立てだと思い

スーパーでは買ったことがありません。


塩茹でして、塩コショウで炒ったら出来上がり。



最高季節を感じるおつまみですー。(笑)


桜も開花したというのに、明日も寒いし


インフルエンザも流行ってるので


皆様気を付けて~(T^T)


今夜のデザートは、イチゴと八朔で

ビタミンキューシューだぜ!
19:34 個人 | コメント(0) | トラックバック(0)

ホッと一息

2013/03/11

今日は仕事で、福岡市葬祭場にやって参りました。

お客様をお見送りして、ホッと一息
福岡市葬祭場はとても景色がよく、しばらく見惚れていました~

最近忙しく、心に余裕がない自分にも気付かされます
いゃあ~自然はすごかばい!

心新たに頑張るぞぉ~

i課長でした。
22:23 小説 | コメント(0) | トラックバック(0)

歓送迎会1

2013/03/06
この度、三年間の修行を終え宮崎へと帰って行くM内さんの送別と
斎場スタッフ、花のやまおに新しく入社された3名の歓迎会がおこなわれました

場所は、いつもお世話になっている
料亭さかき さんです。



司会進行はいつもこの方、S藤さん
今回も小道具用意してハリキッテますよ!




先ずは、社長より激励のご挨拶
M内くん、遠く離れてもずっと仲間であることを忘れないでと、
とても淋しそうでした。

新入社員さんには、今後の成長を期待して
ますと激励されました。


それでは、乾杯~




小道具登場。
その髪型のほうが似合ってる。と言われて持ってきた甲斐があったー。と嬉しそう。


ほっしゃん。
間違えました、長渕でした。
熱烈な長渕ファン。
歌いかたまで似てる。のは気のせいでしょうか?


次回に続きます。
11:26 会社 | コメント(0) | トラックバック(0)

キターーーッ!

2013/03/06
第七回 地域感謝祭
4月20日(土)開催でーす

地域の皆様へ日頃からご理解ご協力、暖かいご支援のもと、今年も開催できること、感謝の気持ちを込め、地域文化祭改め

地域感謝祭として皆様のご来場お待ちしてます。


第三土曜日

用事を入れずに待ってて下さいね。




4月上旬西日本新聞朝刊や、冊子リビングに
チラシが入りますよ

こころの友
会員の皆様へは特典はがき入り、こころの友たよりが届きますので、はがきを持参の上ご来場下さいね。


スタッフ皆でお待ちしています
10:59 会社 | コメント(0) | トラックバック(0)

頑張れMくん!!!

2013/03/05

2月末で、当社に3年という長い期間、勉強に来ていたMくんが、勉強を終えて、故郷に帰りました。
想えば、出会いがあれば、別れがあり、3年経ったら、故郷に帰ると分かっていた筈ですが、
やはり、3年一緒に仕事をすると、(※俗にゆう、同じ釜の飯を食うというやつですか?)情が移ります。
今、最初に当社の門を叩いた時の事が思い出されますが、3年前は初々しくまだ、今から比べると細かったような?印象があります。

それから、あっという間に3年の月日が経ち、彼も心身ともに、逞しくなったような気がします。
これから故郷でまた新たな挑戦がはじまりますが、MGや課長に叱られた事を胸に刻み、
頑張って欲しいと切に願うばかりです。

Mくん、3年間お疲れ様でした、そしてありがとう!!!!
君が居て、いろんな意味で楽しかったぜぃ~!!

そんなあなたに、アントニオ猪木師匠の言葉を贈りましょう!!!




この道をゆけば、どうなるものか。

危ぶむなかれ、危ぶめば道はなし。

踏み出せば、その一足が道となり、その一足が道となる。

迷わず行けよ!!

行けば分かるさ!!


1,2,3、ダー!!!


i課長でした。







17:45 小説 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。