09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

韓国視察研修inソウル~後編~

2012/04/20
みなさん attachment02_20120419152443.gif

韓国視察研修~後編~をお伝えいたします。

2日目はソウル市に新しくできた火葬場と大学病院の施設内にある葬儀場の視察、
また、納骨堂や国営の墓地に行きましたので、その内容をお伝えしたいと思います。


前日は深夜の3時に就寝となり、3時間あまりで起床
眠い目をこすりながら、身支度を整えロビーに集合。


まず向かったのは火葬場

2012-03-24 09.30.12
「ソウルメモリアルパーク」

~ここの施設は花をイメージに造られており、非常に自然との調和がされている施設でした。
また、施設内には公園もあって、市民の憩いの場としても利用されているそうです


2012-03-24 09.32.37
正面入り口にはリムジンの霊柩車が待機中


2012-03-24 09.39.05
火葬炉

~火葬場が建設される前には、火葬の普及が高い日本を視察され、福岡市の火葬場が新しく建て替えられたときにも福岡へ視察に行かれたとのことで、人の動線や施設内が福岡市火葬場に似ている感じがしました。



次に訪れたのは、国営の墓地

360度見渡す限りのところに墓地が広がっていました。

2012-03-24 13.55.00
まだ、山頂には雪が


2012-03-24 14.07.20
土葬で埋めた棺を掘り起こし、改葬している様子がうかがえました。
お骨を拾い納骨堂に収められる方もいるそうです。


2012-03-24 14.18.45
ここは、「樹木葬」として散骨が行える場所
日本でしかないと思っていましたが、韓国でも散骨ってあるんですね



次に訪れたのは、民営の納骨堂

2012-04-19 20.12.01

2012-03-24 11.51.57 2012-03-24 11.49.41

日本の納骨堂と比べ、韓国の納骨堂は非常に開放的な印象を受けました。
納骨堂がガラス張りの扉で出来ていて、故人の写真や家族との集合写真が飾られてありました。
また、故人が愛用していた携帯電話やアクセサリー、愛車の模型なども飾られてあり、家族からの手紙も添えられていました。

中央にはソファーが置かれ、遺族の方がここで故人との想い出をゆっくりと振り返れる場でもあるのだと感じました。
一つ一つを見ていく中で、家族の故人に対する想いが、その温かな気持ちが伝わってきて、なんだか胸が熱くなり、家族との絆を改めて考えさせられる思いでもありました。

~合掌~


次に訪れたのは、大学の病院にある葬儀場

2012-03-24 16.21.13
お通夜で料理を振る舞う会場

2012-03-24 16.35.17 2012-03-24 16.35.40
葬儀を執り行う式場

2012-03-24 16.27.37
骨壺が展示されてあり、ご遺族が選ばれる

2012-03-24 16.24.24
故人に着せる麻布の仏衣

2012-03-24 16.32.17
葬儀が執り行われるまで、遺体を冷蔵庫にて安置


日本では病院の施設に葬儀場なんて考えられないですが、韓国では病院の施設に葬儀場があるということは、合理的に考えられているそうです。
都市化でマンションなどの集合住宅が増え、以前のように家で葬儀を行えなくなったのが主な理由のようです。
韓国では、葬儀費用は健康保険から数十万円支給されるそうで、病院の葬儀場ならば、手続きがスムーズな上、死去に伴うさまざまな届け出も一括して行うことができるといった利便性も、普及した背景にあるようです。

2012-03-24 16.40.49 2012-03-24 16.41.32
合理的といえば、こちらはバス型の霊柩車
棺を載せ、遺族・親族と一緒に火葬場に向かうそうです。
確かこのバス型霊柩車は日本にもあるとか…





ということで、前編・後編とお伝えいたしましたが、視察研修を通して、文化の違いや葬儀のやり方・慣習など、様々に学ぶべき点はありました。
しかし、私自身一番心に残ったのは、火葬場や葬儀場において、実際に葬儀を執り行っている遺族の方がいました。
その悲しむ姿を見たときには、私たちが行っている葬儀の現状と相違うものはありませんでした。
家族の死を悲しみ嘆く遺族がいること、そこに従事してあるスタッフの方の寄り添いサポートする姿を見たとき、同じ仕事をする者として、共に同じ志を持った者であると実感できたことが、誇らしくもありました。


今回の視察研修を企画実施していただきました全霊柩のみなさま、ありがとうございました。
また、今回のお誘いをいただきました、福岡霊柩協会の松尾部長には感謝を申し上げます。
本当にありがとうございましたattachment02_20120420002538.gif

スポンサーサイト
00:37 社長のon/off | コメント(0) | トラックバック(0)

韓国視察研修inソウル~前編~

2012/03/29
attachment02.gif

先週の23日から3日間、韓国はソウルへ全霊協青年部のみなさんと業界事情の視察研修に行ってまいりました。
その内容を前編・後編とに分けて、お伝えしたいと思います

2012-03-23 12.53.11

空路1時間、仁川(インチョン)国際空港到着

2002年FIFA日韓ワールドカップが開催されたときにできた空港らしく、とにかく広くて、綺麗な空港でした。
到着がお昼時ということもあり、まずは昼食その国の物価がわかるとも言われる、マックへ…
ビックマックセットをオーダーし、ひとまず腹ごしらえ。
空港を出ると身を切る寒さと白い息に包まれる中、いざバスへ乗車し目的地へ出発…




国立ソウル顕忠院(ヒョンチュンウォン)に到着

~143万平方メートル、東京ドーム30個が入る広大な敷地に朝鮮戦争で亡くなった方々、国家功労者の方々、また、大統領のお墓などが埋葬されている国立墓地です。


2012-03-23 14.53.25
◇顕忠門◇

2012-03-23 14.59.14
◇顕忠塔・位牌奉安館◇
~国立ソウル顕忠院のシンボル。位牌奉安館には約111,000人の位牌が安置されている。

2012-03-23 15.20.58
~大統領の国葬の際、用いられた霊柩車。









次の目的地、東国(トング)大学へ

2012-03-23 16.27.09 2012-03-23 16.32.14

◇東国(トング)大学◇
~東国大学は仏教系総合私立大学で、仏教学部は韓国内ではとても有名だそうです。
キャンパス内では、お坊さんの姿も見かけました。
また、芸術学部、演劇映画科内にはリュ・シウォンやチョン・ジフォンをはじめ、数多くの韓流スターを輩出しているほか、K-POP好きにはたまらない、少女時代のソヒョンとユナが在学中だとか

20070116160216-1.jpg  chon2.jpg  E5B091E5A5B3E69982E4BBA3E38080E8838CE699AFE7AD89E5A4A7_20120329221732.jpg





そして、日韓葬儀文化フォーラムが、ここ東国大学にて開催されました。


2012-03-23 17.15.11  2012-03-23 17.36.12

~日本、韓国それぞれの葬儀文化や慣習、葬送儀礼のやり方などを紹介しお互いに興味を引く内容となりました。
韓国では、葬儀の専門会場や病院の施設に葬儀場があり、そこでお通夜・葬儀を執り行うことが多く、日本ではおおよそ2日間で行われる葬儀が、韓国では3日間(3日葬)かけて行われるそうです。

儒教精神の強く残る韓国では、火葬を身体の毀損行為とする儒教の教えもあり、墓地への埋葬が好まれていました。そのため土葬が主流であった韓国ですが、人口の増加や高齢化社会になりつつあり、埋葬する箇所などが徐々に限られていき、今では火葬に変わってきているとのことでした。
また、お骨は納骨堂や霊園に収めたりする家庭が増えてきているとのことでした。

色々と意見交換ができましたが、葬儀の文化は違えど、弔い、悼む気持ちは共通だと実感いたしました。

その後、夕食交流会があり、名刺交換などお互いに交流を深めることができました。

トマンナッシダ(またお会いしましょう)

2012-03-23 20.47.30

1日目もこれにて終了となり、夜も更けて参りました。

それでは、後編でまたお伝えしたいと思います。

アンヌヒズムッシオ attachment01.gif


23:42 社長のon/off | コメント(2) | トラックバック(0)

多忘(忙)な今日…(・・;)

2011/12/30
年の瀬もせまり、残すところ1day

今日は社員総出で、お花の配達とお葬儀の準備に追われる


社内の大掃除もままならない中、社員皆あっちへこっちへと走りまわる


みんな忙しいが、1人2役で頑張ろう


vcm_s_kf_m160_160x96.jpg vcm_s_kf_m160_160x96_20111230151827.jpg


そんな中でのブログアップ、大変恐縮です



とっ、携帯にお客さんからの電話が…


「社長、お正月のお花何時に持って来んしゃーと!」


「すっ、すいませんてっきり時間を忘れとりました!今からすぐにお持ちします


最後まで気を抜かず、みんな頑張ろう



16:02 社長のon/off | コメント(0) | トラックバック(0)

初雪?

2011/12/11
うぅー寒

昨日は脊振の山もうっすらと雪化粧?夜にはみぞれ混じりの雨

たしか、去年の12月末に大雪となった頃の記憶がフッとよみがえってくる

この日はタイミング良く仕事もOFF

子ども心さながら、雪が降ると抑えきれない気持ちに駆り出され、

「山に雪見に行こうか!」と、こたつでくつろいでいる我が娘たちを引連れ、いざ出陣

山へ向うにつれ、その景観はまるで北の国からを思い起こさせるような銀世界


しまった、さだまさしのCD忘れた


IMG_4251_convert_20111210201714.jpg


車を走らせること約30分、もうこれ以上はさすがに登ると帰れない



「さー着いたぞー 思いっきり遊べー」



IMG_4249_convert_20111210202004.jpg IMG_4238_convert_20111210201917.jpg

まずは日ごろのたまったものを発散すべく「雪合戦」

小学3年生の末娘とタッグを組み、おねぇ組との交戦


「たまこめろー」

「みぎだ!みぎをねらえ!」

「至近距離に来たぞー!」

「はさみこむんだー!」


と、戦いはつづくのだが、さすがに日ごろの恨みをかわれているせいか、

娘たちから最後は一人集中砲火を浴び撃沈




そして、やはり雪といえば「雪だるま」これを作らざるには帰れない

IMG_4234_convert_20111210202059.jpg

頑張れー!

IMG_4241_convert_20111210202140.jpg

もうひといき、頑張れー!

IMG_4254_convert_20111210202214.jpg

目はこうやって、口はこうやって、鼻はこうして…











完成

IMG_4256_convert_20111210202254.jpg

お見事!


また今年も雪がつもりますように…



09:00 社長のon/off | コメント(4) | トラックバック(0)

それぞれに持ち帰ったもの…

2011/11/20
先週木曜、「全葬連 九州ブロック研修会 福岡大会」がココ地元福岡で開催され、当社からも5名の精鋭が参加

全国津々浦々、延べ100名を超える、若き「おくりびと」が集まり、 「想いをかたちにするサービス~感動葬儀を創り上げよう」をテーマに開催されました。

iphone_20111119221419.jpg

講師には、著名人の葬儀や大手企業の社葬、多数のテレビ出演など、幅広い分野で活躍されてある、木野島 光美さんをお迎えし、約4時間の研修会がスタート

当日、私は運営の方でサポート

競争が激化するこの葬儀業界、参加された皆さんは、熱心に講演の話に耳を傾け、また、グループディスカッションでは、モデルケースをもとに「お客様に感動いただける葬儀」をテーマにしたプランを考え思い思いのプランを企画し、発表。


また、研修会の中ででは、事前にアンケートを集めていた「お客様が感動された葬儀」についての事例も発表され、会場内では涙をそそる場面も…

今回の研修会を通して、お葬式に携わる私たちにとって、改めて気づかされることが多く、参加された皆さんにとっては、いいものを持ち帰ることができたのではないかと思います。





研修会終了後、懇親会が開催され、4時間に及ぶ脳内トレーニングと緊張感に解放された後は、やはりこれですね

お楽しみはこの後も続き、メインイベントの抽選会



今回の特別賞は、なんと「ipad 2



attachment02.jpg

ipad2をめぐっての争奪戦「じゃんけん大会」








はたしてGETしたのは…











attachment03.jpg

なんと、わが社女性スタッフがGET

最年少女性スタッフS城「ipad2」GET
最近スマホに変え、またまたハードルがあがったぞ

メイク師であり、当社一の酒豪T島「博多辛子めんたいセット」GET
当日、飲めなかった分これをおつまみに存分に飲むのだ

と、それぞれにいいものを持ち帰ることができ、本当に良かったです



その後、私は二次会、三次会とくりだすこととなり、持ち帰ったものは二日酔いでした


15:13 社長のon/off | コメント(5) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。